パンダアップデートで検索順位を上げる方法

パンダアップデートで検索順位を上げる方法

パンダアップデートで検索順位を上げる方法

パンダアップデートが実施されてから、日本でのGoogle検索結果にも変動がありました。

 

オリジナリティがなく、他のサイトをコピーしただけの役立たないサイトは、検索結果の下位に表示されることになります。

 

なぜなら、ユーザーにとって価値がない薄い内容のサイトだからです。

 

自動生成したサイト、情報量の少ないサイト、コピーサイトなどは、検索順位を上げるのが困難になるでしょう。

 

Q&Aサイトで素人が質疑応答するような内容も、信憑性が低く評価が上がらないそうです。

 

 

パンダアップデート後の検索結果では、まず信頼できる信憑性のある内容が提供されているサイトが上位に表示されます。

 

他のサイトからまるまるコピーしてきているようなサイト、オリジナリティの高いサイトであることも重要です。

 

情報量が多く、オリジナルの内容が濃いサイト、広告主体でないサイトも検索結果が上がるでしょう。

 

 

自分のサイトの検索結果が下がってしまわないか心配な場合は、上位に上がりそうな内容にサイトを改変する必要がありそうです。

 

まずは、自分のサイトの現状をチェックして、問題がないかどうかを見てみてはいかがでしょうか。

 

ユーザーにとって有益な情報を得られるサイトになっているかどうか、改善できる点がないかどうか、確認してみましょう。

 

パンダアップデートやペンギンアップデートで一度でも低評価をつけられてしまうと、再浮上するのは非常に難しくなります。

 

今までアクセス数が良かった人気サイトだったはずなのに、一夜にしてアクセス数が激減してどこかに消えてしまったというようなことも増えています。

 

当たり前のように上位に表示されていたことでアクセス数を伸ばして売上を上げていたサイトにしてみれば、大きな被害です。

 

ユーザーからはもちろん、ロボットからも高品質とチェックされるようなサイトにしていかなければなりません。

 

 

インターネットの普及によって、他のサイトのコピーをすれば、簡単にサイトを量産できるようになりました。

 

しかし、このようなサイトには内容がないのも同然のものが多いのです。

 

そして、パンダアップデートでは、真っ先に中身が薄いと判断されてしまいます。

 

品質の高いサイトと判断されるためには、既存の文章を組み替えただけのようなコンテンツでなく、オリジナルの文章が載っているサイトであることが大切です。

 

文章の量も、程よくユーザーに受け入れられやすいものでなくてはなりません。

 

サイトのレイアイトも、見やすく適度な情報量が高い評価を受けます。

 

要するに、自分が見ていて心地良いと感じるサイトを目指すとよいのかもしれません。

 

 

 

パンダアップデートの対処法

ユーザーが検索して、面白くない、退屈だ、無駄で役に立たないと感じたサイトは、いまやパンダアップデートによって検索順位が下がってきています。

 

それらのサイトは質が薄い、質が低いとみなされたため、検索順位が下がったのです。

 

逆に、ユーザーから為になった、役に立ったとみなされれば、検索結果の順位が上がったも同然です。

 

もちろん、ユーザーが判断してパンダアップデートの結果に影響を及ぼしているわけではないのですが、具体的にどのようなサイトを作れば検索順位が上がるのかは検討しておいたほうが良さそうです。

 

 

パンダアップデートで検索結果の順位を上げるのに一番大切なことは、オリジナル性があふれたサイトを作ることです。

 

どこかからコピーしてきた文章でサイトを作るのは簡単ですが、それでは意味のないサイトと評価されてしまいます。

 

自分の見解や独自の文章をより多くすることで、サイトの評価はぐんとアップします。

 

惰性でサイト作りをせず、他にはない有用なサイトを目指してください。

 

 

最も注意したいサイトは、開いたとたんに広告が見えて文章も何もないような意味を感じられないサイトです。

 

パンダアップデートの標的になって、検索結果が下位になり、誰の目にも触れないようなサイトになってしまいます。

 

パンダアップデートの対処法

 

 

パンダアップデートのケース

パンダアップデートによって検索結果の表示順位が下がってしまい、対策を講じているサイトも多いことでしょう。

 

そんな中、対策が効いてきて、回復しつつあるというケースもあります。

 

Google検索で常に上位表示をキープしてきた、人気の情報提供サイトです。

 

ところが、ユーザーが興味のありそうな商品を販売するページを追加したとたん、事情が変わりました。

 

パンダアップデートによってサイトの評価が変わり、検索結果の表示順位が落ちてしまったのです。

 

当然、商品の販売ページへの検索数も停滞してしまい、悪いことにもともと人気だった情報提供ページへのアクセス数も激減してしまいました。

 

これでは、サイトを作ったそもそもの目的すら失われてしまいます。

 

そこで、サイト管理者がとった対策は、商品の販売ページを大幅に削減することでした。

 

商品を販売する利益をメイン目的としたページがパンダアップデートで引っかかってしまったのですから、問題のページを思い切って削除すれば他のページへの影響は免れると考えたのです。

 

 

結果、検索結果の表示順位は回復の傾向にあるといいます。

 

せっかく作ったページを大幅削除するなど厳しい決断ですが、もっと重要なページすら見てもらえないようになったのでは仕方ありません。

 

余計なことに手を出すなということではなく、商品の販売ページを追加するにしても内容を充実させるなどの工夫が必要だということですね。

トップへ戻る