パンダアップデートの影響を受けやすい量産型アフィリエイト

パンダアップデートの影響を受けやすい量産型アフィリエイト

パンダアップデートの影響を受けやすい量産型アフィリエイト

ITには疎くても、ブログは簡単に作れる時代です。

 

老若男女、様々な人がブログを開設しており、玄人はだしの人気を得ているブログも少なくありません。

 

本業の仕事よりも、ブログの更新に力を入れている人もいるでしょう。

 

そして、多くの人が、アフィリエイトをしています。

 

試しにバナーを貼ってみて、報酬は気にしていないという人もいるでしょうが、本気で報酬を狙っている人もいます。

 

毎日楽しんで更新しているブログが、お小遣い稼ぎにもなるのだったらやりたい!と思うのは当然です。

 

企業の広告バナーなどを貼り付けて、ブログを見にきてくれた人が興味を持ってクリックしてくれたり、リンク先のショップなどで買物をしてくれれば、あなたに報酬が入る仕組みです。

 

 

アフィリエイトをしてみたいけれど、文章を書くのは自信がないという人の場合、他のサイトからコピーをしてきて広告画像だけを貼り付け、体裁だけ充実させようとすることがあります。

 

そのようなサイトは爆発的に増えて、今では検索結果の上位を占めるほどになってしまいました。

 

この状況を打開しようと対策されたのが、パンダアップデートです。

 

2012年7月にGoogle社が発表してから、着々と導入されて検索結果に影響を与えています。

 

アフィリエイトメインのサイトなどはパンダアップデートの標的の中心ともいえるため、サイトの作り方には注意が必要になりました。

 

サイトの内容が薄いと判断されないように、アフィリエイトサイトの構成にも工夫が必要です。

 

パンダアップデートの影響を受けやすい量産型アフィリエイト

 

 

パンダアップデートによる影響

質の高い検索結果を得るために実施されたパンダアップデートは、米国でスタートした後に日本にも導入されました。

 

よりオリジナル性の高いサイトが検索結果の上位に上がってくるようになるので、サイト制作者側もどんどん質の向上を目指してほしいものです。

 

 

パンダアップデートには、質の高いサイトが検索上位に表示される一方で、質の低いサイトは検索結果の順位を下げてしまうという影響があります。

 

そのため、サイトを作るときには、今までより慎重にサイトを作りこむ必要が出てきました。

 

コピーサイトや自動生成サイト、情報量が少ないサイト、信憑性が疑われるようなヤラセQ&Aサイトなどは要注意です。

 

大きな影響を受ける前に、サイトの内容を改変して質を向上させる検討をしていかなければなりません。

 

ユーザーの役に立つような内容のサイトを作るようにすれば、検索結果の上位に表示されて有効なサイトと評価されるようになるでしょう。

 

順位を下げないようにするには、オリジナル性のある文章を各ページに加えるなどの方法も考えられます。

 

 

パンダアップデートが日本で実施され始めたのは、2012年7月に入ってからです。

 

既に日本語環境下でも影響が出始めていますが、まだまだ検索結果を上げることは十分可能です。

 

パンダアップデートによる影響
コンテンツファームの対策をするために、2011年2月25日にパンダアップデートがGoogleによってリリースされました。

 

コンテンツファームというのは、内容が浅く品質が低いコンテンツのことを指します。

 

具体的な条件は明らかにされていませんが、Googleが品質が低いと認めたコンテンツは、パンダアップデートのチェック対象となってしまいます。

 

 

中には、えっ!?こんな有名なサイトまで!?というようなショッピングサイトまでコンテンツファームと判断されてしまっているそうです。

 

影響を受けたサイトは、パンダアップデート以後、トラフィックが大幅に減ってしまっているといいます。

 

何らかの問題はあったかもしれませんが、その理由が具体的には判断しづらいところが難しいのです。

 

ショッピングサイトには通常、商品の画像が数多く掲載され、文章はそれほど多いものではないでしょう。

 

最近のショッピングサイトは凝っていますから、ユーザーの要望に応えるために様々な角度から商品の画像を確認できるようにもなっています。

 

それが、パンダアップデートではコピーサイトのように判断されて内容が薄いという評価になってしまったのかもしれません。

 

パンダアップデートを行うのはシステムですから、記憶された一定の条件に合致すると低評価のほうに入ってしまうということなのでしょう。

 

誰が見ても品質が低いと判断できるサイトだけでなく、大手のショッピングサイトでもパンダアップデートによって低評価を受けてしまった事例があります。

 

パンダアップデートで品質が低いとされるのは、内容が薄かったり他のサイトのコピー情報が載っているようなサイトです。

 

ショッピングサイトといえば、真面目に商売をしようとしている人が商品の画像と説明文を掲載しているという構成ですが、それが何故低品質のサイトとみなされてしまうのでしょうか?
それは、パンダアップデートがシステムに組み込まれた条件によって動いているからです。

 

一定の条件に当てはまれば、品質が低いと判断されて検索結果の順位が落ちてしまうのです。

 

 

具体的には、商品の説明文に重複するような部分が存在していると、品質に問題があると判断されてしまう傾向があるようです。

 

商品の説明文が短かったり、製品ページが多いのも、パンダアップデートには中身が薄いように判断されてしまう可能性があります。

 

ショッピングサイトといえば、商品のページが少なければユーザーにつまらないと思われてしまいます。

 

これでは困ってしまいますから、工夫して各商品の説明を充実させていくしかありません。

 

 

ショッピングサイトなら、レビューを充実させるのも効果的だそうです。

 

ページのオリジナリティにつながりますから、レビューコーナーは欠かせなくなりそうです。

 

ショッピングサイトの対策

トップへ戻る