アフィリエイトとパンダアップデートの関係

アフィリエイトとパンダアップデートの関係

アフィリエイトとパンダアップデートの関係

アフィリエイトを副業として行っている人も、多いかもしれません。

 

アフィリエイトというのは、ブログやメールマガジン、ホームページなどに、
企業などの広告バナーを貼ってユーザーに商品を宣伝する行為です。

 

その対価として、宣伝したサイトの持ち主に広告主から報酬が支払われます。

 

 

具体的には、例えばブログにアフィリエイト広告を掲載していたとしたら、
そのブログに訪問者が来て広告に興味を持ち、クリックしたとします。

 

そのリンク先のショップなどでアフィリエイト広告からリンクしてきたユーザーがサービスに申し込んだり、
商品を購入したとしたら、ブログを管理している人に成果報酬が支払われるという仕組みです。

 

ブログを管理している人というのは、ブログを書いている人でもよいのです。

 

つまり、一般の人でも簡単にアフィリエイトを始めるチャンスがあるということ。

 

パソコンを持ってインターネットに接続できれば、誰にでも始められる副業のようなものといえます。

 

 

ところが、この作業があまりにも簡単にできるようになってしまった為、
専門に商売としてサイトを量産している人もいます。

 

そのようなアフィリエイトサイトには意味のない悪質なコンテンツが増え続けているため、
パンダアップデートではチェックの対象となっています。

 

注意していないと、検索結果が大幅にダウンして、集客も衰えてしまうでしょう。

 

アフィリエイトとパンダアップデートの関係

 

 

アフィリエイトもパンダアップデートの対象

会社員として働きながら、副業を始めませんか?というブームが、沸き起こったのを覚えていますか?
まさに今も、そのブームは続いているといえます。

 

中でも、パソコンが一台あれば簡単に始められるのが、アフィリエイトです。

 

パソコンがあればインターネットに接続していない人は滅多にいませんから、アフィリエイトは想像するより多くの人が関わっているかもしれません。

 

 

アフィリエイトは、簡単に始められる割には、それほど多くの収入を期待できるものではありません。

 

でも、会社員として働きながら、お小遣い程度にプラスアルファの収入を得たいのであれば、叶えてくれるのがアフィリエイトとも考えられます。

 

 

アフィリエイトのいいところは、ある程度の準備をしてしまえば、ほとんど放ったらかしでも構わない点です。

 

実際には、こまめに手入れを続けていかなければ継続的に収入を得ていくのは困難でしょう。

 

しかし、せっせとタイピング作業をしたり、技能を使って行う仕事ではないという名目の下にアフィリエイトの誘いは多いのです。

 

しかも、元手が全くいらないという点も、魅力的に映るでしょう。

 

そんなアフィリエイトの作業を簡単にするには、他のサイトからコピーをして文章を掲載したり、画像だけをジャンジャン貼り付けてコンテンツが多いかに見せかけてみることです。

 

ただし、こうしたサイトは、パンダアップデートのチェックに真っ先に引っかかってしまい、検索順位が低くなってしまいます。

 

すると、集客が難しくなり、アフィリエイトの収入にもつながりにくくなってしまうのです。

 

アフィリエイトもパンダアップデートの対象
Googleの検索アルゴリズムの更新に付けられた名前、パンダアップデート。

 

あの白と黒が特徴的なパンダから付けられた、ネーミングです。

 

検索結果を白黒ハッキリさせるのが目的のため、この名が付けられたそうです。

 

それにしても、可愛らしいネーミングですね。

 

 

パンダアップデートが実施されてから、インターネットで検索したときの結果がより有益なサイトが上位に表示されるようになりました。

 

似たようなコピーサイト、広告ばかりのサイトなど、あまり意味がないようなサイトは検索結果の順位が下がってしまったのです。

 

検索していて、検索上位どころか最初のページで求めていた結果が表示されずにイラ立ってしまった経験はありませんか?
全く役に立たないようなサイトばかりが上位表示されて、肝心のことは見つからないという現象が増えているようです。

 

このような事態に対策するために、サイトの質重視で正当な順位付けを目指したのが、パンダアップデートです。

 

 

パンダアップデートは、エンジニアのビスワナス・パンダ氏がアップデートを取り仕切ったので名付けられたともいわれています。

 

もちろん、白黒ハッキリさせようという意味も込められているそうですが、本当はファーマーアップデートという名称もあるのです。

 

でも、今では、パンダアップデートのようがよく知られているようです。

 

パンダアップデートについて

「パンダアップデート」という言葉を見聞きしたことは、ありますか?
パンダ関連の可愛いグッズかな?と思った方も、いるかもしれません。

 

パンダをイメージした名前ではあるのですが、パンダアップデートはパンダのグッズではありません。

 

インターネット用語で、Google検索結果の品質を高めるためのアルゴリズムアップデートのことなのです。

 

 

パンダアップデートは別名を「ファーマーアップデート」といい、白黒ハッキリつけるという意味からパンダのネーミングがつけられたそうです。

 

つまり、検索結果に似たようなことを書いたサイトがたくさん出てきてしまわないように、できるだけ知りたい結果だけが出てきてくれるようにするというのがパンダアップデートの目指すところです。

 

確かに、インターネットで検索をかけてみると、目的に近いサイトのように見えて肝心な探しものは見つからないということが多いものです。

 

結果に妥協して、検索を終わりにしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

また、探している答えとは別のサイトに、二度も三度もアクセスしてしまうということもあるでしょう。

 

別々のサイトに見えて、中身は全く同じことが書かれているというコピーサイトのような結果が並ぶこともままあります。

 

このような状態を改善するために登場したのが、パンダアップデートなのです。

 

 

パンダアップデートの特色

検索アルゴリズムアップデートのパンダアップデートは、Google検索結果の品質を高める目的に、日本でも実施されています。

 

パンダアップデートの特色は、サイトのオリジナリティを重視した順位付けで検索結果が表示されるということです。

 

 

インターネットで検索をして、他のサイトからコピーしてきたような低品質なサイトを見かけることが多くありませんか?
このようなサイトは、真剣に検索をしているユーザーには何の役にも立ちません。

 

パンダアップデートは、低品質なサイトの順位を下げ、調査や研究結果、詳細レポート、独自の見解や分析など、オリジナリティの高いサイトの順位を向上させてくれます。

 

最初は米国のみで導入されていたパンダアップデートですが、続々と他の国でも展開され始めました。

 

コピーサイトではないオリジナル性の高いサイトが検索結果の上位に表示されるようになるのですから、ユーザーにもこの上ないでしょう。

 

他のサイトを真似しただけの役に立たないサイトは消えてしまうわけではありませんが、検索結果の順位が低くなりますから目に触れにくくなります。

 

インターネットが始まった頃には、有益なサイトばかりが公開されていたのです。

 

 

パンダアップデートが実施されるようになり、サイトの制作側にも変化がもたらされました。

 

品質の高い有益なサイトを制作しなければ、検索結果が上がらないということです。

 

パンダアップデートの特色

 

 

パンダアップデートの歴史

パンダアップデートの実施は2011年2月25日、米国にてでした。

 

日本でも実施が開始され、2012年7月17日には米GoogleがTwitterにて公式発表をしました。

 

その内容は、「質の低いサイトの検索順位を下げて、検索結果を向上させるための検索アルゴリズムの変更をPanda Update(パンダアップデート)として日本と韓国で導入した。
」というものです。

 

耳の早い方は、パンダップデートという名前にも早いうちに接したかもしれませんね。

 

 

パンダアップデートの影響は日本でも出始めていて、サイトの検索順位に変化を感じている人もいるでしょう。

 

不定期に実施されていますから、その度にクエリの何%かに影響が出ているという報告もあります。

 

サイトを運営している人には、うかうかしていられない出来事ですね。

 

サイトの検索順位が上がったなら喜ばしいものの、逆に検索順位が下がってしまったとしたら大事です。

 

パンダアップデートは、品質の低いサイトを検索結果から排除しようという検索アルゴリズムです。

 

つまり、パンダアップデートによって検索順位が下がったということは、あなたのサイトは品質が低いとみなされたという可能性があるのです。

 

パンダアップデートは今後も実施されるでしょうから、サイトの運営者は心してサイト内容の向上を目指さないといけませんね。

 

パンダアップデートの歴史

 

 

パンダアップデートの過去の事例

パンダアップデートやペンギンアップデートにより、検索順位の影響を受けてアクセス数が大幅に減少してしまったサイトはたくさん出てきています。

 

自分のサイトがいつ影響を受けるか、ヒヤヒヤしている方もいるのではないでしょうか。

 

今上位にいるサイトでも、うかうかしているといつ検索順位を落とされてしまうかもしれません。

 

常に、過去のアップデートから事例を学んで、対策を取り続けることが必要です。

 

 

量産型のアフィリエイトサイトやショッピングサイトなど、パンダアップデートによって検索結果の順位が大幅に下がったサイトはたくさんあります。

 

検索結果が低くなって訪問者が少なくなれば、アフィリエイトサイトにとっては致命傷です。

 

アフィリエイトサイトは、人に見られてこそ広告に興味を持ってもらい、クリックされるかがかかっているのです。

 

従来のアフィリエイトサイトは、多くのユーザーに見てもらうために量産を目指し、コピーサイトを数多く作ることに時間を費やしました。

 

しかし、パンダアップデートでは、そのようなコピーサイトが中身の薄いサイトとして検索順位を下げられてしまっています。

 

 

ショッピングサイトでは、あまりにも商品数が多いことがネックとなってしまいました。

 

画像が多い割には、文章が少ないと判断されてしまうのです。

 

対策としては、独自の説明文を入れたり、レビューを多くしたりすることが有効といわれています。

トップへ戻る