副業でアフィリエイトをする方へ

副業でアフィリエイトをする方へ

副業でアフィリエイトをする方へ

アフィリエイトは、インターネットに接続できるパソコンがあれば、誰にでも出来る副業です。

 

元手が不要で、空いた時間に出来るので、ちょっとしたお小遣い稼ぎには便利な仕事です。

 

もっと気合を入れて、アフィリエイトを本業にしてしまう人も中にはいます。

 

会社員や主婦の副業というイメージの強いアフィリエイトですが、工夫次第では本格的な収入を手にすることもできるのです。

 

 

アフィリエイトをするにあたって必要になってくるのは、文章力です。

 

特に、パンダアップデートが実施されるようになった現在では、他のサイトから拾ってきたような文章を掲載して画像を付けただけのサイトでは検索順位が上がりません。

 

検索順位が上がらないということは、見てくれるユーザーがいないということです。

 

つまり、アクセス数が少なくなり、アフィリエイトの目的である広告へのクリックやリンク先に飛んで購買してもらうという行為をしてくれるお客様がいないということになるのです。

 

それでは、せっかくアフィリエイトを始めても意味がありません。

 

 

パンダアップデートが実施されている今、アフィリエイトでも工夫したサイトにしなければ検索順位が下がってしまいます。

 

オリジナルの文章を書いて、リンク先に上手に誘導できるようなコンテンツを作らなければ、誰にも見てもらえないような寂しいサイトになってしまいます。

 

そんなことにならないように、内容の濃いサイト作りを目指さなければなりません。

 

副業でアフィリエイトをする方へ

 

 

量産型のアフィリエイトサイトパンダアップデートに影響は?

アフィリエイトサイトの中には、量産型と呼ばれるタイプのものがあります。

 

それは、他のサイトから引っ張ってきた文章をコピーしたり、文章の組み換えをしただけのコンテンツで成り立たせているようなサイトです。

 

文章は簡単にコピーして、あとは画像を貼り付ければ良いだけなので、量産が効率よく行えるというわけです。

 

たくさんの人の目につけば、よりアクセスが増えて広告がクリックされる確率も高まるので狙いです。

 

これまでは、そのようなアフィリエイトサイトも検索順位の上位に表示されていました。

 

しかし、そのために、もっと作り込んでユーザーの役に立つようなサイトが、量産型のアフィリエイトサイトに埋もれて順位が下がってしまったのです。

 

このような状態を打開するために、パンダアップデートは実施されています。

 

 

パンダアップデート後は、機械的に作られたアフィリエイトサイトはチェックされて検索順位を下げられています。

 

すでに、検索順位が下がって収入が激減したというアフィリエイトサイトの管理者もいることでしょう。

 

だからといって、パンダアップデートを恨むのでなく、正当な方法でコンテンツ作りをして検索順位を上げたほうがよさそうです。

 

そもそも、ユーザーの役に立つと思ってもらえてこそ、広告から商品サイトにリンクしてもらうことができ、購買につながるのです。

 

より良い商品だと思ってもらえる文章を独自に作成して、サイトに組み込めば、自然と検索順位も上がってくるはずです。

 

量産型のアフィリエイトサイト

 

 

アフィリエイトサイトでの広告とコンテンツの割合

アフィリエイトサイトを運営している人がパンダアップデートで検索順位を低くされないようにするためには、具体的にどのようなことをするべきなのでしょうか。

 

まずは、更新で品質が低いとみなされてしまった原因を探ることが必要です。

 

 

アフィリエイトサイトといえば、広告がメインのコンテンツです。

 

必然的に広告が多くなり、本格的にアフィリエイトに取り組もうとすればするほど広告の数が多くなってしまいます。

 

パンダアップデートでは、どうやら広告と他のコンテンツとの割合がチェックされているようなのです。

 

もしも、自分のサイトが広告以外のコンテンツが少しで広告が多数だとしたら、パンダアップデートで順位を落とされてしまう可能性が大いにあります。

 

内容が薄い、独自性が低いという品質の悪いサイトとみなされてしまうのです。

 

その場合、サイトの見直しをして改変していくことが必要です。

 

 

サイト内のバナーや広告が目立ちすぎていないか、テキストの量が少なくないかなどをまず気にしてみるとよいでしょう。

 

ショッピングサイトだとしても、テキストの量が少なくて検索順位が低くなってしまったケースがあるくらいです。

 

ただ、量を増やせばいいというわけでなく、内容もしっかりチェックされていることを念頭に、内容の充実度を図ることが大切です。

 

当然のことながら、よそのサイトからコピーしてきた文章を掲載しているようなサイトはNGです。

 

アフィリエイトサイトでの広告とコンテンツの割合
パンダアップデートが日本でも実施されてから、約4%のサイトに影響が及んだといわれています。

 

どのような影響かというと、ユーザーが検索を行ったときに表示される結果の順位です。

 

質が低いとみなされるサイトは表示順位が下がり、ユーザーに役立つ質の高いサイトは順位が上がるというわけです。

 

どうも自分のサイトの検索順位が低くなったような気がすると感じていた方は、気のせいではないかもしれません。

 

知らない間にパンダアップデートの影響を受けているかもしれませんから、確認してみたほうがよいでしょう。

 

 

「Panguin」というWEBサービスをご存知ですか?
Panguinは、パンダアップデートが自分のサイトにどのくらい影響を与えたかを調べるサービスです。

 

パンダアップデート以前にあった同様のペンギンアップデートという検索アルゴリズムの更新があり、パンダとペンギンから名前をとったのがPanguinです。

 

ブログでもサイトでも、パンダアップデートやペンギンアップデートから受けた影響について確認できるので便利です。

 

どのような影響があったかは、グラフで表示されるので一目瞭然です。

 

いつ、どのくらいの影響を受けているかが一目でわかりますから、改善する点についても検討しやすいでしょう。

 

サイトの運営をしている方は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

自分のサイトを確認しましょう。

 

 

パンダアップデートで影響を受けたので検索エンジンへの不満

インターネットが普及する前には、探し物をしたいときには本や雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、辞書を引くなどの情報源が頼りでした。

 

それでも、必死で探したにもかかわらず、情報が見つからないということもままあったのです。

 

ところが、インターネットが普及してからは情報量が一変しました。

 

探したいものはあっという間に見つかり、特に気にしていなかった情報まで雪崩のように押し寄せてきます。

 

ただ、そんな便利なインターネットでも、普及すればするほど重要な情報以上に不要な情報が目立つようになってきてしまったのです。

 

情報がありそうなサイトだと思ってクリックしてみたら、広告ばかりのサイトだったり、さっき見たのと全く同じコピーサイトだったりと、思うように情報が得られないということが増えています。

 

 

インターネットで検索をしたら、表示結果を上から見ていく人が普通でしょう。

 

検索エンジンも、本来は検索しているキーワードに近い情報を上位表示するように開発されているはずなのです。

 

しかし、現状は必ずしも信頼できるサイトが上位表示されているとは限りません。

 

むしろ、ユーザーにとっては望んでもいないサイトが上位に表示されて、ストレスがたまる一方だったのではないでしょうか。

 

そのような状況を打開してくれたのが、パンダアップデートです。

 

ユーザーにとって有益でないと判断されたサイトは、パンダアップデートによってどんどん下方表示されてしまいます。

 

今まで不満だった検索結果が改善されるなら、大歓迎ですね。

 

検索エンジンへの不満

トップへ戻る