ペンギンアップデートのチェック内容

ペンギンアップデートのチェック内容

ペンギンアップデートのチェック内容

Googleの検索エンジンで表示順位に大きな影響を与えた、ペンギンアップデート。

 

趣味でブログやホームページをやっている人にはあまり意識がないかもしれませんが、お仕事でサイト運営をしている方にはビッグなニュースとなったでしょう。

 

特に、SEO対策に力を入れていた方にとって、今までの対策が無効になってしまった面もあり、驚いたことも多いはずです。

 

 

ペンギンアップデートとは、Googleが不正と判断するサイトの検索表示順位にペナルティを与えるシステム更新です。

 

過剰に無意味なリンクを貼っていたりするサイトが対象となり、見つかると検索順位を下げられるだけでなく、検索エンジンから外されてしまうという対処もとられたそうです。

 

ある日突然、自分のサイトが消えてしまうのですから、運営者にはショッキングですよね。

 

 

具体的には、ペンギンアップデートがどのような条件でサイトをチェックしているのかはGoogle側からは明確にされていません。

 

しかし、これまで順位を下げられたり何らかのペナルティを課されたサイトからの予測は、あちこちで立てられています。

 

それによると、無関係なリンクをサイト内に貼り付けているサイトが危険なようです。

 

ペンギンアップデートを回避するためには、サイトとは関係のないリンクは外しておいたほうがよさそうです。

 

 

 

検索順位を上げたいがために、裏技などを使って過剰にSEO対策をしたサイト作りを行ったことがありませんか?
心当たりのある方は、今後サイトの改良を真剣に行わなければなりません。

 

近年のインターネットの検索結果状況は、一般ユーザーが見ても悲惨なものです。

 

意味のないコピーサイトのようなコンテンツばかりが目立ち、間違ってリンクしてのぞいたら内容のひどさにうんざりしてしまったという人も少なくないでしょう。

 

それだけ、SEO対策に頼る人は必死だということですが、そんな駄目サイトを排除しようという動きがGoogleで始まっています。

 

それがペンギンアップデートやパンダアップデートと呼ばれる検索エンジンのシステム更新です。

 

 

この2つのアップデートが実施されると、検索結果に表示順位に変化が出たり、今まであったサイトが忽然と消えてしまったりします。

 

ペンギンアップデートの場合は、低品質なサイトとみなされると検索順位を下げられるというペナルティが課されます。

 

パンダアップデートでは、評価が全くなくなってサイトがまるごと消えてしまうのです。

 

そんなことにならないようにするためには、第一にコンテンツの充実度を図るのが大切です。

 

オリジナルの文章が入っていること、意味のないリンクをやたらと貼り付けないことをまず実施していきましょう。

 

ペンギンアップデートのチェック内容
ペンギンアップデートの実施は、アフィリエイトサイトなど不正にSEO対策を続けてきたサイトにとって、大打撃となりました。

 

すでに真面目に対策に取り組んでいる人もいれば、逆にさらなる裏技を編み出そうとしている人もいるでしょう。

 

しかし、時間を本当に無駄にしたくないと思ったら、いたちごっこから抜け出すためにもコンテンツを見直して良いサイト作りをしたほうがよいでしょう。

 

 

アフィリエイトサイトの場合、中身のないサイトを大量生産しても、大元のサイトがある程度のコンテンツを持っていれば、リンクをするだけで検索順位を上げることができました。

 

しかし、ペンギンアップデートの登場で、この方法も使えなくなってしまいます。

 

リンクに頼っている中身のないサイトは、まさにペンギンアップデートの標的です。

 

ただ、ここで涙して悔しがってばかりいては、せっかくのアフィリエイトの実績も無駄になってしまいます。

 

裏技や卑怯な手を使って対策するよりは、チャンスだと思って自然に検索順位が上がるサイトを作ってみませんか?
もうペンギンアップデートの対象になってしまうサイトがわかっているのですから、対策はしていけます。

 

助かることに、ペンギンアップデートの実施によって、不正なサイトがたくさん検索順位を下げられてしまっています。

 

これをチャンスといわずして、何というのでしょうか。

 

ペンギンアップデートと検索結果

一般の方でも、副業としてアフィリエイトサイトなどを運営していると、検索結果の順位は気になることでしょう。

 

なぜなら、検索結果の上位に表示されれば、イコール訪問者数が伸びる可能性が高くなるからです。

 

自分のサイトを上位表示させようと対策するのが、SEOです。

 

趣味でブログやホームページを作っている程度なら、知り合いプラスアルファくらいの人がアクセスしてくれれば満足できるかもしれません。

 

しかし、仕事でアクセスを伸ばさなければならないとなったら、真剣度も違ってきます。

 

本来ならコンテンツが充実していて、ユーザーが求めるような内容であれば、自然と検索結果が上がって当然と考えられます。

 

しかし、アフィリエイトサイトなどは、広告を敬遠するユーザーが目もくれなかったりしがちです。

 

だから、どうにかしてとにかく人の目に触れることで、気まぐれにでもクリックしてほしいのですね。

 

その気持ちばかりが募って、裏技を使ったSEO対策などをしてしまうのです。

 

 

SEO対策を過剰に施したサイトは、これまでは検索結果の上位にムリヤリ台頭してきました。

 

これをGoogleでは重く受け止め、排除するための対策としてパンダアップデートを導入したのです。

 

パンダアップデートと同じく、検索アルゴリズムの更新システムであるペンギンアップデートも実施されるようになりました。

 

これからは、検索結果で上位に表示されるためには、これらの更新に対策したサイト作りをしていかなければならないのです。

トップへ戻る