ペンギンアップデートが及ぼした影響

ペンギンアップデートが及ぼした影響

ペンギンアップデートが及ぼした影響

パンダアップデートやペンギンアップデートなど、Googleでは可愛い動物の名前を使って検索アルゴリズムの更新の名称にしてきました。

 

検索エンジンの検索結果に表示される順位付けを、内容重視にすることが目的です。

 

これによって、検索結果の上位に表示されるサイトに役に立たないものが減ってきました。

 

ユーザーにとっては、求めていた検索結果がすぐに見つかるようになって喜ばしいことではないでしょうか。

 

 

ペンギンアップデートでは、Googleが検索結果スパムやGoogleのガイドラインに沿わずに順位を上昇させようとしているサイトをチェックしています。

 

ペンギンアップデートで引っかかってしまったら、検索結果の順位が大幅に下げられてしまうこともあるのです。

 

すると、サイトにアクセスしていた訪問者数も減少してしまいますから、売上が落ちるというようなことも起きてきます。

 

2012年4月24日には、全世界でペンギンアップデートが実施されたとの発表がありました。

 

これにより、英語環境下で検索結果の約3%のコンテンツに順位の変化が起きたといわれています。

 

 

ペンギンアップデートのデータの更新は随時行われていますから、一度対策した程度では追いつけないかもしれません。

 

パンダアップデート対策と合わせて、常に充実した見やすいサイトを作ることが求められています。

 

ペンギンアップデートが及ぼした影響
副業としても大人気のアフィリエイトサイトでは、商品の紹介をしてリンク先に飛んでもらい、購買してもらうのを目的としています。

 

本来なら、オリジナルの文章でユーザーを引き付けて、商品ページにリンクさせるのがベストです。

 

ところがインターネットに慣れてきたユーザーは、そう簡単には広告から商品の販売ページにリンクしてくれなくなってしまいました。

 

そこで、数で勝負とばかりに無茶苦茶にアフィリエイトサイトを量産するアフィリエイターが増えました。

 

サイトを量産するためには、似たようなコンテンツを掲載したサイトにするのが一番簡単です。

 

このような作業を企業でも行い始め、個人でも続けている人がいるのですから、インターネット上にはユーザーが見たくもないようなサイトが膨大に存在してしまったのです。

 

 

他のサイトからコピーをしてきたようなサイトは、パンダアップデートやペンギンアップデートでチェックされて検索エンジンからはじかれてしまいます。

 

一番見つかりやすいのは、RSSやログデータを用いて自動でリンクなどを並べているサイトです。

 

検索エンジンから無視されたり順位を下げられないようにするためには、例えどこかのサイトから参照した文章でも、自分なりにオリジナルの改変を加えることです。

 

何らかの工夫をしているアフィリエイトサイトは、パンダアップデートやペンギンアップデートで引っかからずに済んでいるケースがあります。

 

会社員の週末副業、主婦のお小遣い稼ぎなど、アフィリエイトは急激な伸びを見せて成長しました。

 

インターネット上にはお小遣い稼ぎのチャンスがたくさん転がっており、広告をクリックするだけで1円程度ずつポイントがたまるようなポイントサイトもあります。

 

何も知識がなくてもクリックするだけで徐々にお金がたまっていくのですから、時間さえあれば気長に取り組める良いバイトのようなものです。

 

しかし、これにはまっていくうちに、もっと稼ぎたい欲が出て、アフィリエイトを始めるケースが増えています。

 

ポイントサイトに広告を提供するスポンサー企業が不況下で広告をあまり出せなくなったことから、クリックするだけではあまり稼げなくなったということもあるでしょう。

 

 

そんな中、アフィリエイトサイトを運営する人に大打撃を与える事件が起こりました。

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートがGoogleによって実施されたことで、コンテンツが充実しないアフィリエイトサイトが数多く排除されてしまったのです。

 

実際には、検索順位を落とされただけのケースもあります。

 

しかし、検索順位が下がってユーザーの目に触れにくくなれば、アフィリエイトサイトには訪問者が減って収入も激減してしまいます。

 

簡単に儲けられると思っていたアフィリエイトサイトですが、ペンギンアップデートやパンダアップデート後にはコンテンツ作りに工夫をしないと、アクセス数を伸ばせないということです。

 

ペンギンアップデートで引っかかるサイト

ペンギンアップデートが実施されてから、キーワードスタッフィングをしているサイトはスパム行為として検索結果の順位を低くされています。

 

中には、検索結果から削除されてしまうサイトもあるほど厳しい措置が取られ、Googleの本気度が伝わります。

 

 

一方、ペンギンアップデートと共に行われている検索アルゴリズムの更新に、パンダアップデートというものもあります。

 

パンダアップデートでは、サイト内の文章が他のサイトからのコピーや組み換えがメインで成り立っていないかどうかを見分けています。

 

近年増え続けてきたブログやサイトには、見たことがあるような文章がコピーされているようなケースが目立つと思いませんか?
このようなサイトは迷惑ブログや迷惑サイトと呼ばれ、ユーザーにとっても呆れてしまう存在です。

 

サイト内の文章を長くコピーして検索をかけてみると、他にも同じようなサイトが出てくるのが証拠です。

 

こうしたコピーサイトが、パンダアップデートでは評価を低くされます。

 

 

パンダアップデートでは、実施後の検索結果順位が10%から30%程度ダウンするといわれています。

 

もちろん、真面目にユーザーの役に立つようなサイトを作っている人が対象となることは基本的にないので、安心してください。

 

どちらかといえば、ペンギンアップデートよりパンダアップデートでは、アフィリエイトサイトなどを運営している人に影響が少ないかもしれません。

 

ペンギンアップデートで引っかかるサイト
ペンギンアップデートは、2012年4月24日に全世界で実施されました。

 

これによって、英語環境下のサイトでは、検索結果の約3%に影響が出たといわれています。

 

しかし、具体的にはどのようなサイトがチェック対象になっているのかわかりづらいですね。

 

次のようなサイトは、特に注意したほうがよいでしょう。

 

 

・キーワードスタッフィングと呼ばれる詰め込みが目立つサイト
・外部への不自然なリンクが目立つサイト
キーワードスタッフィングなんて、初めて聞いたという方もいるでしょう。

 

サイトの内容には何の関係もないようなキーワードをやたらめったらと書き込んでいるサイトが、それです。

 

こうすることによって、何らかの検索キーワードにヒットして上位表示されることを狙っているのです。

 

簡単で誰にでもできそうな方法ですが、検索エンジンからはスパム行為とみなされているほど好ましくないことです。

 

ペナルティを課せられることもあり、要注意です。

 

 

ギクッとした方は、ペンギンアップデートでチェック対象とならないように早めに改善をしたほうがよいでしょう。

 

疑う方は、2012年4月24日前後、ペンギンアップデートが実施された後に自分のサイトの順位に変動がなかったかを確認してみてください。

 

ペンギンアップデートだけでなく、Googleではパンダアップデートという同様の更新も行っています。

 

この実施後にも、検索順位には変動が起きているはずなのです。

 

ペンギンアップデートの

 

ペンギンアップデートと悪質サイト

ペンギンアップデートは、Googleエンジニアのビスワナス・パンダさんが開発したシステムです。

 

だから、名称がパンダと名付けられたのですが、白黒ハッキリつけようという意味も込められているそうです。

 

同じくGoogleのペンギンアップデートはペンギンさんという名のエンジニアに開発されたわけではありませんが、白黒つけるという意味は同じだそうです。

 

どこかの動物園でパンダの赤ちゃんが登場したという話ではありませんから、注意してください。

 

 

パンダアップデートやペンギンアップデートの対象になってしまうのは、スパムサイトや悪質サイトとみなされたサイトです。

 

真面目に作っているサイトなら対象にならないと思っている方もいるかもしれませんが、力の入れどころによっては排除の対象にされてしまうかもしれません。

 

パンダアップデートとペンギンアップデートの対策として、サイトの見直しはしたほうがよいでしょう。

 

何もしないでいると、あるとき急激に検索順位が下がったり、検索結果から忽然と姿を消してしまうということになりかねません。

 

商売としてサイト運営をしている人にとって、検索結果に表示されないほど不安なことはありませんよね。

 

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートで悪質とみなされるサイトは、コンテンツのオリジナリティがないサイト、リンクばかりが貼り付けられているサイトが中心です。

 

適度な量の文章とリンク数で、ユーザーが求めるオリジナル性の高いコンテンツを作るようにしてください。
パンダアップデートの特徴は、ユーザーにとっての迷惑サイトやアフィリエイトをするためにコピーして作ってあるサイトなどを評価しない点にあります。

 

要するに、検索エンジンに上位表示してもらうために過剰に対策したコンテンツを評価しないのです。

 

ペンギンアップデートでは問題のあるサイトを見つけたらマイナス評価にするという対処でしたが、パンダアップデートでは無視しているのです。

 

影響としては、検索エンジンに無視されてしまうのですから、やはり検索順位が下がります。

 

対策しなければ、順位が下がる一方なので、ユーザーの全く目につかないところまでいってしまう可能性大です。

 

 

もしも自分のサイトの検索順位が落ちてきた、あるいはどこかに消えてしまったという場合、パンダアップデートの影響を大きく受けているのかもしれません。

 

ペンギンアップデートと違ってペナルティは課されませんが、パンダアップデートの影響も深刻ですね。

 

サイトが消去されてしまうペンギンアップデートよりもパンダアップデートの影響のほうがまだましな気もしますが、いずれにしても対処をとらなければなりません。

 

パンダアップデートでは、ユーザーにおすすめとされるサイトにプラスの評価がつけられて検索順位が上がります。

 

ペンギンアップデートでも無視されないようなサイト作りをすれば、検索順位は上がっていくでしょう。

 

ペンギンアップデートの評価

 

 

ペンギンアップデートでの注意

悲しいことですが、ペンギンアップデートの実施による二次被害が発生しているようです。

 

ペンギンアップデートでは、不自然なリンクを貼っているサイトを見つけてランクを下げたり排除したりします。

 

それを逆手にとって、自分がつけたわけでもないリンクがいつの間にか貼られているというのです。

 

SEO対策は、いまや商売として行う企業がたくさんあります。

 

どうにかしてライバルの検索順位を引き摺り下ろすために、故意に不自然なリンクを相手のサイトに貼り付ける行為をする人も出てきたのです。

 

ひょっとすると、ライバル同士のサイトをSEO対策会社が牛耳って悪巧みをしている可能性すら否めません。

 

ペンギンアップデートはシステムですから、人の目で判断するような細かな区別はしてくれません。

 

故意に他者につけられたのであろうと何であろうと、Googleのガイドラインに違反していると判断されれば、ペンギンアップデートの対象になってしまうのです。

 

インターネットでは有料の検索広告が当たり前になっていますから、検索順位は悪魔に身を売ってでも高めたいということなのでしょう。

 

 

Googleでも、こうした動きに対してさらなるプログラムを開発するかもしれません。

 

いたちごっこのようでもありますが、下手に目をつけられないためには正直なサイト作りをしていくしかありません。

トップへ戻る