ペンギンアップデートへの対処

ペンギンアップデートへの対処

ペンギンアップデートへの対処

アフィリエイトサイトなどを量産しようというときについついしてしまうのが、コンテンツのコピーです。

 

他のサイトからまるまるコピーするのはもちろん、文章を組み替えただけのコンテンツでも、パンダアップデートには見つかってしまいます。

 

必ずしも学術的なほどの真面目なコンテンツである必要はないのですが、訴求内容が薄いコンテンツではSEO対策しかとられていない内容のないサイトと判断されてしまうのです。

 

アフィリエイトサイトだとしても、自分なりの解釈で商品を表現したり、ユーザーが見て楽しめるようなコンテンツがあれば、Googleの評価も高くなります。

 

 

インターネットの初期には、検索エンジンは手作業でサイトをカテゴライズしていました。

 

Googleが検索サイトを完全ロボット化したことで現状のような膨大な迷惑サイトが増える状況ができたわけですが、その状況を改善する役目もGoogleが果たすことになりました。

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートに対処するには、自動的なリンクの貼り付けを行わない、文章を唯一無二に近づけるということが重要です。

 

これまでは他サイトからのコピーで事足りていたアフィリエイトサイト作りは、意味がなくなっています。

 

せっかくある程度の時間をかけて作るのなら、きっちりこだわったサイト作りをしてみませんか?

 

ペンギンアップデートへの対処

 

 

ペンギンアップデートの予防対策

ペンギンアップデートでスパムサイトと判断されてしまわないようにするためには、予防することもできます。

 

実はそれは、SEO対策としてやってはいけないことをしないようにすれば良いだけなのです。

 

つまり、ペンギンアップデートの実施は、インターネット上の秩序が乱れすぎたために行われていることなのです。

 

 

これだけはまずしないようにということは、有料の被リンクを売買しないようにすることです。

 

自分でサテライトサイトを作り、自作自演で別にサイトを作って相互リンクをするなども避けましょう。

 

リンクの数はあまり増やさないようにすること、リンクを貼る前に意味があるのかを考えましょう。

 

ツールを使って、自動的にリンクを増やすなどの行為も、しないことが賢明です。

 

 

真面目に、コツコツとサイトを作るなんて不安だと思う方もいるかもしれません。

 

そんなときには、Googleのウェブマスターにサイトを登録してみてはいかがでしょうか。

 

Googleのガイドラインに違反すると、Googleから警告メッセージが届くのでサイトへの意識が高まります。

 

Googleにチェックしてもらって訂正できるのですから、これもペンギンアップデートの予防対策となるでしょう。

 

この方法でサイトの修正を行えば、ペンギンアップデートのペナルティは受けないといわれています。

 

ペンギンアップデートの回避

リンクの売買取引をして、無理矢理SEO対策をするという手法があるそうです。

 

ペンギンアップデートが実施されるまでは、そのような手法で検索順位を上げることが可能だったのです。

 

しかし、ペンギンアップデート後には、真っ先にそのようなサイトがペナルティを課されています。

 

検索結果が急激にダウンしたり、はじかれてしまったサイトもたくさんあるでしょう。

 

検索順位が下がるだけでなく、どこにいってしまったのかもわからないほどになってしまうと絶望的ですね。

 

 

Googleの言い分としては、サイトのコンテンツが充実していなければ、検索結果に出さないということです。

 

大胆ではありますが、インターネットが普及し始めた頃の検索エンジンではそのような時代もありました。

 

ユーザーとしては、無駄な検索結果が表示されないでくれるほうが好ましいですね。

 

ただ、大なり小なりのアフィリエイターにとっては、心配で仕方ないでしょう。

 

 

ペンギンアップデートを回避する裏技やツールなどの登場は、当然あるのではないかと考えられます。

 

しかし、そのようないたちごっこを続けていては、いつまでも怯えながらぽっちりの収入できりきり舞いしていく羽目になる可能性が高いのではないでしょうか。

 

それよりも、Googleのガイドラインに従って、抜け駆けのないコンテンツ作りをしたほうが効率がよいはずです。

 

サイトの生き残り作戦

検索結果の表示順位にこだわる人の多くは、何らかの商売でサイトを運営している人でしょう。

 

趣味でブログなどを運営している人でも、人気を求めたりしていれば順位は気になるかもしれません。

 

いずれにしても、検索順位の上位に表示されることにこだわり始めたら、キリがなく上を目指すようになるでしょう。

 

そして、裏技などを駆使してSEO対策をするまでになるのです。

 

仕事でサイトを運営している場合、全く何もSEO対策をしないということはないでしょう。

 

しかし、過剰なまでにSEO対策をしていると、検索エンジンからはスパムとみなされて邪魔にされてしまいます。

 

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートでは、スパムサイトと判断されたサイトが検索順位を落としたり消去されてしまっています。

 

特にペンギンアップデートではスパム対策が向上し、検索順位を上げるために対策している行為を厳しく取り締まっています。

 

例えば、不自然なリンクを大量に貼っているサイトや不審な有料リンクなどは、代表的なスパムと判断されてしまいます。

 

ペンギンアップデートでチェックされてしまうと、ペナルティが課されて検索順位がダウンします。

 

最悪の場合は、検索エンジンから排除されてしまいます。

 

サイトの運営者は、ペンギンアップデートの対象にならないように、サイトの管理を行ってください。

 

ペンギンアップデート後のサイトの継続方法

ペンギンアップデートの実施によって、それまであまり更新されていなかったようなサイトが台頭してくることがあります。

 

実施前に検索順位の上位に上がっていたのは、頻繁に更新を行うという方法でSEO対策をしていたサイトです。

 

それらが下位に表示されるようになったので、目立たなかったサイトが浮上してきたのです。

 

しかし、もちろんその内容はペンギンアップデートの条件に沿って選ばれたものです。

 

コンテンツとリンクのバランスが良いサイトとみなされたものと思って、間違いないでしょう。

 

つまり、頻繁に更新をしなくても、コンテンツとリンクのバランスが適切であれば、検索順位は上がる可能性があるということです。

 

 

ペンギンアップデートの実施で困っているのは、機械的にサイトを更新したり量産してきたアフィリエイトサイトを運営している方でしょう。

 

でも、その中には、挫けずにしっかり対策していこうという人もいるはずです。

 

ペンギンアップデートを機に、ユーザーが喜ぶサイト作りをしていってはいかがでしょうか。

 

コンテンツの内容、リンクの量や貼り方、画像の扱いなど、気をつけなければならないポイントは全体に及びます。

 

まずは、基本的なポイントを押さえて改良を試みてみてください。

 

長生きできるサイトを作れるよう、真面目な改良を行っていきましょう。
ペンギンアップデートが実施されてから、リンクの付け方に神経質になっている方もいるかもしれません。

 

リンクの乱用は確実に摘発されてペナルティを与えられてしまいますが、必ずしもリンクを付けてはいけないというわけではないということを忘れないでください。

 

突然サイトの検索順位が低くなったと気付いたら、ペンギンアップデートの影響によるものと疑ったほうがよいでしょう。

 

その際には、不自然と思われるリンクを外したり、リンクの説明文を入れるなどしてみるとよいかもしれません。

 

すでに、ペンギンアップデート対策用のツールやソフトなども登場しています。

 

それらを使って、リンクを無効化するなどの対策をとってみるのも一案です。

 

 

一方で、リンクはきちんとした意味があれば、ペンギンアップデートでも排除の対象にならない可能性があります。

 

きちんとした意味とは、サイトの内容に関連するリンクであるということです。

 

リンクを羅列していたり、キーワードにやたらとリンクをつけたりするのは、危険です。

 

リンクを外してしまうと、今までのように検索結果に表示されないのではと心配する方もいますが、ペンギンアップデートでは最悪の場合サイトが検索結果から排除されてしまうこともあるのですから、それよりはリンクを少なくしたほうが利口です。

 

ペンギンアップデートとリンクの貼付

パンダアップデートやペンギンアップデートがいくら優秀なプログラムだといっても、人の手による選り分けにはかないません。

 

ある程度は大雑把に切り分けられてしまい、そのために泣く人も助かったと安堵する人もいそうです。

 

しかし、正当にユーザーから求められるようなサイト作りをしている場合は、一時的にアップデートを生き抜いても最終的には排除されてしまう恐れがあります。

 

真に求められるサイト作りをするチャンスと思って、サイトの改良を施すことをおすすめします。

 

 

ペンギンアップデートは、不自然なリンクをしているサイトを見つけ出して検索順位を引き下げます。

 

ユーザーにとって、探し物をしているときにリンクだけのサイトが見つかっても、さらにリンクしなければならないというストレスに悩まされます。

 

さらには、リンク先でも求める情報が見つからないことすら多いのが現状です。

 

そのため、ペンギンアップデートでは、被リンクをメインコンテンツにして検索順位を上げているサイトを容赦なく排除しています。

 

相互リンクに頼っていたり、サイトの内容とは無関係の不自然なリンクをしているサイトは、ペンギンアップデートで摘発されやすいのです。

 

 

ときには、Googleから不自然なリンクについての警告が届くこともあります。

 

その場合は、速やかにガイドラインに従ってサイトを改良したほうがよいでしょう。

 

サイトの順位を下げられてからでは、再度浮上するのが難しい場合があるといいます。

トップへ戻る