Googleのペンギンアップデート

Googleのペンギンアップデート

Googleのペンギンアップデート

何らかのSEO対策を行っている方で、ペンギンアップデートの存在に無知な方はいないのではないでしょうか。

 

では、もう対策をとっているという方はどのくらいでしょうか。

 

ペンギンアップデートは日本では2012年に実施が開始されましたが、今後も行われていくことが予想されています。

 

たまに検索順位を引っ掻き回されるだけだから、また時期がくれば元に戻ると過信している方もいるかもしれません。

 

その考えは、甘いと思っておいたほうがよいでしょう。

 

また、心配していても、どんな対策をとったらよいかわからないという方もいることでしょう。

 

 

Googleでは、ガイドラインに違反したサイトを厳しく排除すると宣言しています。

 

インターネット上では様々な予測が飛び交って、対策のアドバイスをしている人もいます。

 

しかし、実際は、Googleからの対策法は具体的には示されていないのです。

 

良心をもって、サイトを作りなさいというところでしょうか。

 

 

中には、自分がペナルティを受けたサイトから、対策を講じている人もいます。

 

いずれにしても、ペナルティを受けたサイトを放置したままでいる人、自分のサイトが心配な人は、早急に対処をとったほうがよいでしょう。

 

コンテンツ作りに関しては、Googleでもアドバイスをしています。

 

参考にしてみれば、ペンギンアップデートでも問題のないサイトが作れるかもしれません。

 

ペンギンアップデートでの違反

Googleがスパム行為と判断するような不正を行っているサイトは、ペンギンアップデートで厳しく処罰が下されます。

 

処罰とは、検索順位を下げられたり、検索エンジンから外されてしまうことです。

 

インターネットの検索結果に表示されないと、サイトは作っても意味がありません。

 

いきなり、検索結果に自分のサイトが登場しなくなってしまったら、驚愕で慌てふためいてしまうでしょう。

 

ペンギンアップデートは世界中で実施されており、各国で大騒ぎになっているといいます。

 

そもそも、Googleが違反としている行為とはどんなことなのでしょうか。

 

 

IT用語でいうクローキングやキーワードスタッフィングなどは、代表的なスパム行為とみなされます。

 

やたらと、サイト内の言葉にリンクを貼り付けたりするのは、避けたほうがよいでしょう。

 

ペンギンアップデートは、一度だけ実施されたプログラムではありません。

 

かねてからのGoogleの懸案事項でグローバルに行われていますから、今後も開発を重ねては不定期に巡回が行われていくことでしょう。

 

一回は逃れることができても、次の巡回ではチェックされてサイトが消えてしまうかもしれません。

 

また同じSEO手法で這い上がればいいという考えは甘いので、Googleのガイドラインに沿ったサイト作りに集中することをおすすめします。

 

ペンギンアップデートのペナルティ

インターネットで検索をしたときに、検索結果の半分以上が広告に誘導するアフィリエイトサイトだったり、
リンク集だったりすることに気付いたことがありませんか?

 

こうした結果を見たときに、ぼんやりと誘導されて広告サイトにたどり着いてしまう人もいるでしょう。

 

あるいは、騙されないぞと思って検索し直したり、
何ページも先まで探している情報を求める人もいるでしょう。

 

いずれの場合も、本当に探していた情報がなかなか見つからないという意味でストレスがかかります。
それは、快適なインターネットライフとはいえないものです。

 

この状況を打開するために、Googleではペンギンアップデートを開発して実施しました。

 

SEO対策に力を注いでいるものの、中身は低品質というサイトを排除しようとしているのです。

 

 

ペンギンアップデートでは、リンクばかりが膨大なサイトやコピーコンテンツが
多量に含まれているサイトを見つけてペナルティを課します。

 

検索結果の表示順位を下げて、目立たなくしてしまうのです。

 

ペンギンアップデートの巡回時に見つかってしまったサイトは、
検索順位が低くなるためにアクセス数が激減するといいます。

 

オリジナルであると判断されない以上、検索結果の上位に上がることが出来なくなるのです。

 

非常に厳しい条件付けがされているといいますから、
自分のサイトの内容に今一度チェックを入れてみたほうがよいでしょう。

 

 

ペンギンアップデートとウェブマスターセントラル

Googleでは、ペンギンアップデートでのサイト追放については詳細を発表していません。

 

スパム行為の一部は報告されていますが、これでは検索結果から外されるというペナルティを課されたサイトでも具体的な対処がわかりにくいかもしれません。

 

ペンギンアップデートに関する報告が行われているのは、ウェブマスターセントラルというウェブサイトに関するチェックを行っている部門です。

 

違反をしているサイトには、警告のメッセージが直接届くこともあります。

 

その場合は、違反しているページが指定されてきます。

 

まずは、そのページの改変をしてみることにしましょう。

 

 

ペンギンアップデートでチェックされているのは、不正なリンクがメインだといいます。

 

自分のサイトが対象になってしまったという場合は、無意味なリンクは外すようにしてください。

 

無意味なリンクというのは、コンテンツ内容と全く関係ないようなリンクです。

 

外したくない、良いと思えるリンクは、安易に外してしまわずにサイト内で意味づけをしてみるのもよいでしょう。

 

SEO対策のためにリンクを貼っていたものは、バッサリ切り捨ててしまう覚悟をしてください。

 

また、万が一Google側の誤認ではないかと思われる影響があれば、専用のフォームがGoogle内に設けられていますから、連絡してみてください。
Google社で働くパンダさんという名のエンジニアが開発した検索アルゴリズムの更新システムが、パンダアップデートです。

 

コンテンツファーム対策となるように、ファーマーと呼ばれることもあるそうです。

 

パンダさんへの敬意を表して、ビッグパンダと呼ぶ人もいるのだとか。

 

これに対して、ペンギンアップデートは、同じ検索アルゴリズムの更新システムとはいえペンギンさんという名のプログラマーがいたわけではありません。

 

パンダアップデートに白黒ハッキリさせる目的が意味づけられていたことから、ペンギンアップデートと名付けられたのです。

 

大きなシステムを動かしている企業では、このようにコードネームのようなものを付けて極秘に開発を進めている場合が多いものです。

 

 

Googleほどのグローバルなビッグ企業ともなると、その裏側でどんなシステムが開発されているのかは、従業員にも厳しく口止めがされています。

 

会社内の通路やエレベーター内、家庭に帰っても家族にしゃべってはいけないなど、厳格な管理の下で企画が進行しているのです。

 

そのため、部外者に予測されてしまうようなコードネームをつけるのは避けています。

 

パンダアップデートも、意外性のあるネーミングでしたね。

 

名称と実施の発表があったとはいえ、その詳細は明かされていないパンダアップデートやペンギンアップデート。

 

ネーミングから、アルゴリズムの内容が予測されてしまうこともGoogleとしては不本意です。

 

ともあれ、質の低いサイトを排除してくれるシステムはありがたいですね。

 

ペンギンアップデートの概要

ブログやサイトを運営管理している人は、自分のサイトが検索されてどのように表示されているのかをご存知ですか?
お仕事でサイトの運営管理をしている人は、当然意識していることでしょう。

 

趣味程度でブログを書いている場合は、検索したことすらなくても普通です。

 

でも、せっかく自分のサイトを持っているなら、ブログであろうと誰かに見てほしいものですよね。

 

そんなとき、検索結果の上位に表示される方法があります。

 

それはSEO対策と呼ばれている手法で、お仕事でサイトを作ったり運営したりしている人なら無視することはできないものです。

 

 

SEOは、Googleなどで検索をしたときに検索結果の上位に表示されるようなサイト作りにする対策です。

 

検索結果の上位に自分のサイトが表示されれば、より多くの人の目に付いてアクセスしてもらいやすくなります。

 

自分で検索してみるとわかりますが、例え重要な探し物があっても、検索結果の2ページ目3ページ目まで辿って調べるのは面倒なものですよね。

 

見てもいいけれど見なくてもいいというようなとき、人は検索結果の最初のページの上部にあるほんのわずかなサイトの紹介しか目にしないものです。

 

それでは、サイトを見てほしい側では困ってしまいますよね。

 

だからこそ、SEO対策をして、訪問者数が増えるように検索サイトでの上位表示を常に狙うことが必要なのです。

 

 

しかし、最近Googleが検索エンジンに施したパンダアップデートという更新では、従来のSEO対策では間に合わない問題が出てきました。

 

パンダアップデートに加えて、ペンギンアップデートという更新も行われていて、これらは検索結果の表示に大きな変化を及ぼしているのです。

 

 

ペンギンアップデートの役割

インターネットで検索をしてみるとわかるように、最近の検索結果にはSEO対策が過剰なサイトばかりが上位に表示されています。

 

それらのほとんどがユーザーが求めていない結果、役に立たないサイトというケースが多く、様々な悪影響を及ぼしていました。

 

そこで、Googleがユーザーのためにならないサイトを順位降格させようと開発したのが、検索アルゴリズムのペンギンアップデートです。

 

 

リンクファームというウェブサイトの存在を、ご存知ですか?
サイト内の文章にリンクを大量に挿入して、相互リンクを狙っているサイトです。

 

通常は専用のプログラムを使って作られ、数多くのリンクが埋め込まれているために検索エンジンにもかかりやすくなります。

 

しかし、検索エンジン側からすれば、何でもかんでも言葉にリンクを埋め込む行為はスパムと考えられています。

 

逆に、必要な言葉にだけリンクを貼っているサイトは、リンクファームとはみなされません。

 

従来のSEO対策では、リンクファームの方式でサイト作りをする運営者も多かったのです。

 

しかし、ペンギンアップデートの登場で、やたらと言葉にリンクを貼り付けるキーワードスタッフィングは良くないと判断されるようになりました。

 

 

stuffingとは、英語で「詰め込む」という意味の言葉です。

 

大した必要性もないのに、キーワード全てにリンク付けをすることは、ペンギンアップデートが実施された以降は行き過ぎた行為とみなされています。

 

ペンギンアップデートの役割

 

 

SEOとペンギンアップデートが実施される理由

Googleでは、何故ペンギンアップデートを行うのだろうと疑問に思っている方がいるかもしれません。

 

検索順位がどうあろうと、インターネットユーザーは膨大な情報量を持つGoogleで検索するのだから気にしなくても良いのではないかという考えがあります。

 

しかし、検索エンジン側では、過剰なSEO対策をしたサイトが検索順位の上位に表示されることをスパム行為とみなしています。

 

なぜなら、もっと有益でユーザーが一番に探している情報サイトが、埋もれてしまうからです。

 

 

SEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムを予測して行われています。

 

そのため、過剰に対策せざるを得ず、SEO対策に時間を割くためにコンテンツ自体の作りこみは甘くなります。

 

これでは悪循環ですし、検索エンジン側にも敵視されてしまいます。

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートでは、SEO対策を行い過ぎたサイトはスパム行為とみなして表示順位を落としたり検索結果から外してしまいます。

 

これにより、ユーザーが探している情報が見つかりやすくなり、検索エンジンとしても余計な負荷がかからなくなります。

 

ペンギンアップデート、パンダアップデートの実施後には、検索結果に変動が出て、探し物が見つかりやすくなったと感じている人もいるかもしれません。

 

これこそが、Googleが更新を行う理由なのです。

 

SEOとペンギンアップデートが実施される理由
お仕事でサイト制作や運営を行っているなら、SEOに無縁ということはないはずです。

 

ペンギンアップデートは、そのSEOに深い関わりのあるIT用語です。

 

検索エンジンの大手にGoogleがありますが、Googleでは検索エンジンのシステムを常に改良しています。

 

なぜなら検索をする人がいて、ホームページを作る人がいて、いつでも検索結果の世界は変動が激しいからです。

 

もしもGoogleが検索エンジンを放ったらかしにしていたら、ユーザーが検索をしたときの結果はメチャクチャになってしまうでしょう。

 

より良い検索アルゴリズムを開発することで、検索結果は秩序が保たれた世界でいられるのです。

 

 

ところが近年、インターネットの急激な普及にともなって、ユーザーにはほとんど役に立たないサイトが増大してきました。

 

多くは、広告のみを主体としたアフィリエイトサイトです。

 

真面目な企業サイトでも検索結果の上位表示がされるように、サイトに工夫をしています。

 

これがSEOと呼ばれる対策で、何もしていないと検索結果の下位に表示されてしまうので、ユーザーのアクセス数が全く伸びないような事態になりかねません。

 

しかし、広告収入のみを目的としたアフィリエイトサイトでも、ユーザーのアクセス数は喉から手が出るほど欲しいのです。

 

そして、過剰にSEO対策をしたアフィリエイトサイトが量産されるようになってしまいました。

 

結果、検索サイトの上位に、意味のないアフィリエイトサイトばかりが並ぶようになったのです。

 

この事態を阻止しようという動きが、パンダアップデートやペンギンアップデートです。

 

これからのSEOは、これらの更新に対処できるような対策をとっていかないとなりません。

 

SEOとペンギンアップデート

トップへ戻る