HTMLの強調タグ

SEOのノウハウは、インターネット上にも書籍にもなっていて、様々な方法が提案されています。

 

その中には、個人でホームページを運営している人でもできる方法が紹介されていますので、初めのうちは難しくないSEOをしてみる事をお勧めします。

 

そして、慣れてきたら、だんだん難しいSEOの仕方にも積極席いに実践していきましょう。

 

難しくなるほど、他の人がやらなくなっていますので、SEOの効果が出やすくなります。

 

ホームページを作る時には、ホームページ作成ソフトを利用している場合が多くありますが、文字を強調するという事が簡単にできるようになっていると思います。

 

一例として、太くしたり、大きくしたり、斜めにしたりと、文字の特徴を変えることで、通常の文字よりもインパクトを与えることで、注目してもらえます。

 

太くするには「B」をいうボタンをクリックすると時が太くなります。

 

その事に関して、SEOについてよくわからない場合には、強調する時に何も考えずにやっているのではないでしょうか。

 

ですが、検索エンジンから見ても、強調されている文字はキーワードとして認識されるため、その文字に意味を持っているという事になります。

 

ですから、強調したい部分があるのでしたら、その言葉がキーワードになっても良いのかという事をよく考えてから特徴をつける必要があります。

 

キーワードは、サイトの内容とほとんど関係ないのでしたら、あまり評価される事が無かったり、てきとうな文字を大きくしていると判断されてしまう可能性もあります。

 

ですから、太くする文字にかんしては、よく考えてから変えてみてください。

 

一度変えてしまった文字も、意味が無いと思うものは普通の大きさに戻してください。

トップへ戻る