SEOのノウハウ ホームページの詳細

SEOのノウハウ ホームページの詳細

SEOのノウハウ ホームページの詳細

SEOのノウハウの中で、基本的であり、効果があると言われている事はHTMLにキーワードやタイトルを記入したり、ホームページを説明しておくことです。

 

ホームページの説明や詳細を記入しておく事で、検索エンジンからは、どのようなサイトなのかについてわかりやすくなります。

 

もし、ホームページを作成するのでしたら、HTMLでこの部分に必ず記入しておきましょう。

 

ホームページ作成ソフトを利用してサイトを作っているのでしたら、見た目だけでなく、内部的な事も気にかけてみてください。

 

検索エンジンはサイトの見た目ではなく、内部的な部分を見ています。

 

ですから、HTMLの調整を怠ってしまうと、なかなか検索エンジンで上位表示ができないという事態が起こります。

 

プロのSEO専門業者でしたら、必ずHTMLを調整しています。

 

タイトルの部分はSEOでも重要視されていて、どのようなキーワードにするのかを決めるところですし、どんなサイトかもわかりやすくなければ、実際に見ている人にとっても不親切になります。

 

どのようなタイトルが自分のサイトの適していて、多くの人が興味を持ってくれるのかについてよく考えていきましょう。

 

HTMLは、SEO対策の時に最も厄介となる部分と言う人もいます。

 

ですから、あとで直そうと思っていると、だんだん手のつけられないくらいめちゃめちゃになっている事があったり、サイトの事に関する詳細が分からないままの可能性があります。

 

SEO対策をする時には、なるべく早い段階で手をつけておく事をお勧めします。

 

 

分でホームページ作成ソフトを使ってホームページを作っているのでしたら、ソースコードを表示しながらサイトを作っていく事をお勧めします。

 

ソースコードはHTMLと言われています。

 

できれば、手打ちという方法で、HTMLに直接入力していくとサイトのHTMLを整えやすくなります。

 

実際にやってみると気付くと思いますが、キーワードを打ち込む欄やホームページの詳細を打ちこむ欄があります。

 

HTMLのなかに、様々なタグがありますが、最後に「””」が付いている部分がホームページの詳細を記入するところです。

 

例えば、ダイエットの事についてのホームページでしたら、どのようなダイエットを推奨しているのか、どのようなグッズを紹介しているのかを記入しましょう。

 

それだけでも、サイトを見ている人は気が付かなくても、検索エンジンはどのようなサイトなのかを判断しやすくなります。

 

この部分に何か入っているか入っていないかは、検索エンジンに与える影響が変わってきますので、必ずやっておきましょう。

 

ただ、以前は結構高い効果を得られたそうですが、現在は以前ほどの効果はないと言われています。

 

ですが、必ずやっておく事をお勧めします。

 

この時に、ホームページの内容と違う事を書いてしまったり、64文字以上の文字を記入してしまうとよくないと言われていますので気をつけてください。

 

これは、SEOの初歩のようなテクニックなので、すべてを勉強して反映させるのは難しいのですが、小さな事をコツコツ積み重ねていくことで成果を出せるようになりますよ。
ホームページを作成する時は、ファイル名とディレクトリ名について考えずに作ったのではないかと思います。

 

ですが、これがSEOに関係しますので事前にチェックしておく必要があります。

 

その事を考えずに作ったのでしたら、内部リンクを貼る時にもそのファイル名やディレクトリ名で貼っているでしょう。

 

ですから、早い段階で直しておく事で、労力を減らす事ができます。

 

たかがファイル名やディレクトリ名だと思うかもしれませんが、意外にもその効果は大きいと言われています。

 

ホームページを作っている時には、どのようなキーワードにしましたか?
恐らく、見つけてくれた人が興味を引いてくれるようなサイトタイトルにしたのではないかと思います。

 

トップページは必ず「index.html」を使います。

 

これは、トップページのファイル名になるのです。

 

そして、ディレクトリ名とは情報を入れるための箱と考えるとわかりやすくなります。

 

名前を決めるのは、自動で決まるわけではなく、自分自身で決める事ができますので、キーワードを入れ組んでいくことで、より高い効果を期待できるようになります。

 

それは、英数字で会ったとしても関連するキーワードでしたら、効果を発揮してくれます。

 

つまり、あまり考えずにホームページを作成したとすると、損してしまっている可能性があるという事になります。

 

SEO対策をする時には、このようなところもしっかり管理しておいてください。

 

他の人があまり目をつけていない部分を注意することで、差をつける事ができますよ。
ファイル名とディレクトリ名がSEO対策をする時に役立つと知っていますか。

 

サーチエンジンからしてみると、キーワードを決める時の道しるべのような役割をはたしています。

 

ですから、これまでファイル名やディレクトリ名をてきとうに決めているのでしたら、自分のホームページのキーワードになるような名前をつけてください。

 

と言っても、「自分のサイトのキーワードは日本語だからできない」というケースもあると思います。

 

ファイル名やディレクトリ名をつける時は、英語でなければなりません。

 

ですが、それに関連するキーワードで名前を付けたり、そのキーワードをローマ字や英語にするだけでもいつも以上の効果が期待できます。

 

ホームページを作る時には、このように、ファイル名やディレクトリ名を決めていけば、キーワードとしての効果がありますし、検索エンジンでも順位が上がりやすくなります。

 

これからホームページを作るという場合は特に気をつけておく必要があります。

 

もしくは、一度作ってしまったホームページでもメンテナンスを行ってもう一度名前をつけ直す作業をした方が良いですよ。

 

ページ数が多くなるほどに作業が面倒になりますので、できるだけ早い段階で対処してください。

 

もし、多すぎてやる気が起こらないというのでしたら、少しずつ分けて直してみましょう。

 

少しの努力が他の人に差をつけられるのです。

 

そして、少しの面倒くさいと感じる心が、他の人に越されてしまう原因にもなります。

 

少しでもアクセス数を伸ばしたいのでしたら、確実に行動しておいてください。

トップへ戻る