ホームパージ内の見出し

SEOのノウハウは、ネット上だけでなく、様々な書籍も出されています。

 

ですが、その中にも「本当に効果があるのか?」というような内容の事が書かれている場合があります。

 

例えば、ホームページの見出しをつける時には気をつける必要があるという事も、その1つだと言えます。

 

確かに、以前は効果のある方法としてよく紹介されていた方法なのですが、現在はそれほど大きな効果は期待できないと言われています。

 

やらないよりはやった方がプラスにはなる程度ではないかと言っている人もいますので、自分でどのようなホームページの見出しを作っていくのかについて考えましょう。

 

それから、HTMLをキレイにするという事もよく言われている方法です。

 

HTMLをキレイにするというのは、タグの位置を正しい場所にしたり、タグのスペルを正しく並び替えるなどがあります。

 

検索エンジンからすれば、タグのスペルを間違っていたり、場所が間違っていると見にくいサイトとして判断されてしまいます。

 

ですから、こまめに調べて調整していく必要があります。

 

また、SEOでは大見出しを書く時に気をつけなければなりません。

 

大見出しはサイトのキーワードを左右する、重要なポイントですし、何を記入するのかはよく考えておいてください。

 

ただし、1ページの中に何回も大見出しを利用してしまうと、不自然になってしまいますので、1~3回程度にしてください。

 

SEOは難しいのですが、まずは一つ一つ進めていきましょう。
時には、自分が作ったホームページをじっくり見ることも必要です。

 

その時に注意する事は、大見出しをどれくらい使っているのかという事です。

 

大見出しを多く使っていると、検索エンジンからマイナスの評価をされてしまい、上位表示が難しくなります。

 

ですから、大見出しを使う場合には、大見出しとその他の見出しとして分けて使ってみる事をお勧めします。

 

文章の流れとしても、大見出しが多くなってしまうと何が重要なこと何かわかりにくくなってしまい、読み手にも不快感を与えてしまう可能性があります。

 

大見出しの使い方は、SEOにも効果があると言われていますので、うまく活用して、サイトを運営していってください。

 

それから、大見出しを書く時に大きな文字にしたり、色を付けたりしている事はありませんか。

 

それらの事は、アピールし過ぎてしまい、SEOの効果が弱くなってしまう事もあると言われています。

 

もし、見直した時に何か余計な事をしてしまっているのでしたら、すぐに直してください。

 

SEO対策をする際には、SEOのノウハウをしっかり勉強して、何をしたら効果が高くなるのかはある程度決まっています。

 

その逆に、SEOの効果が弱くなってしまうものなども調べておくと、サイトを運営していく上で大きく役立ちます。

 

SEOについての知識をつけるのは難しいのですが、ぜひ諦めないでできる事からコツコツ初めてみてください。

 

それがいつか上位表示という夢を達成できるきっかけになりますよ。

トップへ戻る