SEO対策としての地名キーワード

SEO対策としての地名キーワード

SEO対策としての地名キーワード

具体的な地名に限らず、関東や関西などのあいまいな地域名も、ときにはユーザーにとって具体的な検索になり得ます。
近郊や周辺、近場、近所、付近、近くなどといったキーワードすら、プラスされることが増えているのです。
そこで大体の検索結果を把握して、さらに具体的な検索をかけようとしている人もいるのかもしれませんね。
こうしたあいまいともとれる地域名などをコンテンツに含めておくのも、内部対策となります。

 

他にも、湘南や下北など、正式な地名ではないものの通称として使われているキーワードが検索窓に挿入されることもあります。
湘南に居を構えてビジネスをしている人は、地元を湘南とは呼ばないかもしれません。
しかし、他地域の人が湘南と呼ぶなら、内部対策をしておかないと検索されなくなってしまいます。
最近では全国を対象にした商売も増えているため、幅広いユーザーを対象にキーワードを設定していく必要があるのです。

 

どんな地域名を入れるか、地名を入れるかによっても、競合サイトとの検索結果の競り合いに違いが出てきます。
地元でライバルが多いので地域名を入れても無駄だと思う方は、他人があまり使っていない地域名を挿入してみると検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。
ただし、コンテンツに関連性をつけること、ユーザーにとって地域と扱うコンテンツが有益な関係を持っていないと、結果的には意味がありません。
インターネットユーザーも検索の仕方が上手になり、最近ではキーワードに地名を加えて検索する人が増えているといいます。
これに伴って注目されているのが、ビッグワードと地名を組み合わせるSEO対策です。
「イタリアン 新宿」、「カフェ 銀座」などのように、目的を絞って検索するわけです。
確かにそうやって検索すると、より求めている探しものに近い結果が表示されますよね。

 

では、地域名や場所名をどのように加えれば、SEO内部対策として有効なのでしょうか。
最初に挿入しておきたいのは、都道府県名や市町村です。
グローバルから攻めて、対策を絞っていくのですね。
さらに細かくいうと、「東京都内」「神奈川県内」などのように、「内」というキーワードをプラスするユーザーも増えています。

 

地名以外では、スポット名も注目されやすいキーワードです。
例えば、駅名や路線名、目立つような大きな施設なども検索されやすくなっています。
このように、検索キーワードを絞っていくことで結果がニーズに合いやすくなるのが、ユーザーにもわかってきているのです。
地名や地域、沿線などを含めたキーワードをコンテンツに入れておかないと、競合サイトに追い抜かれてしまうかもしれませんよ。
ただし、コンテンツにキーワードを挿入する際には、しっかり記事も作りこまないと失敗してしまいます。

トップへ戻る