SEOの内部対策と外部対策の比較

SEOの内部対策と外部対策の比較

SEOの内部対策と外部対策の比較

SEOの内部対策の一つに、HTMLやCSSの再構築があります。
Googleなどの検索エンジンが、サイトを巡回しているときに認識しやすくするためです。
サイト制作の担当者がいる企業なら、構築の知識があるはずです。
また、プロでなくても、書籍や関連サイトで学習してサイト構築を行う人はたくさんいます。
やってみると、インターネット業界全体のトレンドもわかってきますよ。

 

アンカーテキストに手を加えたり、ページに関連性をつけることもSEO内部対策になります。
外部対策との違いは、自力で行えることが多いという点です。
サイト構築を再確認して補修したり、内容を充実させていくなどの努力で、検索順位をアップさせることが可能です。
頑張れば結果につながりやすい内部対策の一方で、外部からの要素が大きくからむ外部対策があります。
どちらにより力を入れるかは、悩ましいところです。
これらはどちらもバランスよく行うことが重要で、どちらが欠けても検索順位は上がってきません。

 

サイト構築を考え直してサイトの評価を高める内部対策も、他社のサイトにリンクを貼ってもらうことで評価を認めてもらう外部対策も、いずれも備えておくのが検索順位を上げる秘訣です。
サイトの最適化とも呼ばれる内部対策は、SEOの基本の心得です。

トップへ戻る