SEO外部対策のペナルティ

過剰にSEO外部対策をすると、検索エンジンからペナルティを課されることもあります。
例えば、サイト内容と無関係の外部リンクを貼ったり、やたらとキーワードを挿入して検索されやすくすることだけを狙ったサイト、他サイトのコピーで出来たサイトも評価を低くされます。
そればかりか、危険なスパムサイトとみなされて、検索結果への表示を一切されなくなってしまうこともあるのです。
SEO対策は、やればやるほどいいというわけでもない証拠です。
正しい方法で外部対策と内部対策をバランスよく進めることは、非常に重要なのです。

 

インターネットには、SEO対策について様々な情報が横行しています。
多くは似たような情報を流しているだけですが、遅れた情報だったり信憑性のない情報もあります。
少しでも早く最新の情報を得たい人にとっては、無益なこともよくあります。
間違った対策を信じて行ってしまったことにより、検索エンジンからペナルティを課されたら泣くに泣けませんね。

 

検索エンジン側でアルゴリズムの詳細を告知することはありませんが、内部でブラックリストを作っている可能性は大いにあります。
スパム行為と認識されるようなSEO対策ばかりしていると、ドメインそのものがはじかれてしまうことにもなりますよ。
これは、SEO外部対策を外注に出していた場合でも起こり得ます。
まずは検索エンジンが推奨するガイドラインを把握して、対策を行うことが大切です。
SEOの外部対策では、他サイトにリンクを貼ってもらうことが重要です。
外部のサイトからリンクを貼られるというのは、それだけあなたのサイトが良い評価を得たということです。
ただし、逆にあまり関係性のないサイトからリンクが貼られても、検索エンジンの評価は悪くなってしまう可能性があります。
不自然なリンクとみなされて、故意にリンクを作り出しているとも判断されかねないのです。

 

このような無関係な外部リンクは、過剰なSEO対策と呼ばれています。
本来であれば、サイト内容が充実していれば、外部リンクは自然に増えていくものだからです。
中身が濃い、利用するにあたって負荷が少ないといったサイトは、当然人気が高まります。
この状況を維持するために、どんなに人気のあるサイトでもSEO内部対策を常に欠かさないのです。

 

ユーザビリティという言葉がインターネット初期の頃からいわれてきましたが、サイト内容が役に立つというのもユーザビリティの一つといえます。
いまや、インターネットを利用する人は、世代や性別を問いません。
サイトによってターゲットが異なるとはいえども、より幅広いユーザーにやさしいサイトを構築することが検索エンジンの評価も高めます。
過剰なSEO対策をして費用も労力も無駄にするよりは、効率の良いSEO対策で検索上位に乗るほうがいいですよね。

トップへ戻る