ユーザーの役に立つサイトとは

ユーザーの役に立つサイトとは

ユーザーの役に立つサイトとは

いくらコンテンツが充実していて楽しそうなサイトでも、見たいものになかなかたどり着けないのはストレスになります。
インターネットユーザーが閲覧をあきらめてしまう時間は、ほんの数秒から1~2分経たないうちだといわれています。
そこに到達するまでに欲しいものが見つからなければ、ユーザーは他サイトを探しに去ってしまうのです。
つまり、面白いコンテンツ作りだけではSEO内部対策は不足で、ユーザーが閲覧しやすいサイトを作ることも必要だということです。
そして、ユーザーが高く評価したサイトは、間違いなく検索エンジンも高評価すると覚えておきましょう。

 

ユーザーの評価に似たものは、外部リンクで得るからいいと思っている人もいるかもしれません。
しかし、その方法には行き詰まりがあり、ましてや業者にお金を払ってまでするほどの絶対の価値はありません。
Googleなどの検索エンジンが高性能化しているといっても、所詮ロボットと侮る人もいるでしょう。
ロボットが、どれだけコンテンツを判断できるのだというわけです。
ところが実際には、検索ロボットだけがサイトの評価をしているわけではありません。
特に怪しげなサイトについては、必ず検索サイトのスタッフが目視確認をしています。
その段階で評価を下げられてしまうのは、非常に不利です。

 

ユーザーに価値があると判断されたサイトは、必ず検索結果を上げています。
これを忘れずに、ユーザーに役立つサイト作りをしていくことがSEO内部対策の成功になりますよ。
アフィリエイトサイトの多くがパンダアップデートによって検索順位を落としている中、逆に検索順位をアップさせているアフィリエイトサイトも存在します。

 

なぜ、そんな両極端な差が出てくるのでしょうか。

 

ここでは、パンダアップデート後に検索順位が上がったアフィリエイトサイトのケースを参考にしてみましょう。

 

 

まず、知っておきたい共通点ですが、オリジナルのテキストが使われているということが挙げられます。

 

そして、広告の量が適切であるということ、更新をこまめに行っているということがあります。

 

この3つの点について、自分のサイトを見直してみてください。

 

これらを抑えておけば、パンダアップデートで高い評価をもらえる確立はかなり高くなります。

 

 

パンダアップデートの目的は、品質が低いサイトを排除するということです。

 

他のサイトからコピーしてきたような内容でコンテンツを埋め尽くしているサイトがあまりにも目立つようになり、それが品質の高いサイトを圧迫していることから、ユーザーにもインターネットの検索が不愉快なものになってきました。

 

それでは、せっかく便利なインターネットの検索サイトが有効に使ってもらえません。

 

そのため、Googleが質の低いサイトとみなしたサイトを検索順位の上位から落とすことで、内容の濃いサイトの順位を上げる計画が実施されているのです。

 

あなたが管理するサイトにもしっかり目を光らせて、編集し直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

パンダアップデートによって低い評価がつけられてしまうサイトは、情報が薄かったりコピーばかりの内容のサイトです。

 

そのままにしておいたのでは、どんどん検索結果が落ちて誰にも見られないサイトになってしまいます。

 

その逆で、品質が良いと認められたサイトは、検索結果でどんどん順位が上がってきます。

 

真面目なサイト作りをしていた人にとっては良い影響が出て、利益ばかりに目がくらんでサイト作りに工夫をしていなかった人にとっては悪影響が出てしまっていることでしょう。

 

これを改善して、再びアクセス数を得るのは大変なことです。

 

一度でも低い評価を受けて検索順位を下げられてしまう前に、何とか対策をするのが先決です。

 

 

それでは、高品質なサイトとは、どのようなサイトをいうのでしょうか。

 

まず、他のサイトよりも価値のあるオリジナル性が高い内容を発信していることが重要です。

 

また、ユーザーがわかりやすいように伝え方に工夫していることも大切です。

 

いくら情報の内容が高い価値を持っていても、ユーザーが読みにくい、理解しにくいと思うようなサイトでは評価が下がってしまいます。

 

見る側にとって、見ていて楽しい、為になるようなサイト作りをすることがサイト制作者には求められているのです。

 

パンダアップデートで表示順位を下げられてしまう前に、早急に対策してください。

 

高品質のサイト作り

 

 

 

高品質なサイトの条件

検索エンジンの基本は、高品質なコンテンツが高く評価されて検索順位を上げるという考え方です。

 

しかし、インターネットが普及するに従って、増えすぎてしまった低品質なサイト。

 

明らかにユーザーが求めていないサイトばかりが検索結果の上位を独占するようになり、高品質なサイトのほうが埋もれてしまうのは長い間の懸案事項でした。

 

そこで画期的な影響を及ぼしたのが、パンダアップデートです。

 

ここで、高品質とみなされるサイトがどのようなものか、考えてみましょう。

 

 

たくさんのユーザーから参照されているサイトは、確かな情報を提供しています。

 

ユーザーにとって役立つ情報があるからこそ訪問者が絶えず、評判が良いサイトは見てみたいと思うものではないでしょうか。

 

また、ユーザーが内容を理解しやすいように工夫されているということも、重要です。

 

文章ばかりが連ねられていたり、逆に画像だけで説明不足だったりすると、ユーザーにはすぐに飽きられてしまいます。

 

オリジナルの文章がないサイトも、同様に興味をそそられません。

 

 

高品質なサイト作りを目指すには、抑えておくべきポイントがあります。

 

ユーザーに、いかに有益な情報を与えることができるか、この点は最重要課題としてクリアできるようにしたほうがよさそうです。

 

高品質なサイトの条件

 

 

ユーザーに興味を持たれるアフィリエイト

パンダアップデートで品質が低いと判断されてしまうのは、
コンテンツにまとまりがなく内容が薄かったり、広告の割合が高すぎるサイトです。

 

RSSなどの自動プログラムでサイトを作ったり、
リンクだけで構成されているようなサイトも検索順位を低くされてしまう低品質なサイトとみなされるのです。

 

これまでのアフィリエイトサイトの作り方では、
パンダアップデートに勝てず検索順位を落とされっぱなしになってしまうでしょう。

 

サイトの質を上げるには、どのような工夫が求められるのでしょうか。

 

 

簡潔にいえば、他とは違うオリジナリティの高いサイトが、パンダアップデートでの評価が高くなっています。

 

しかし、ただ単にオリジナリティが高いだけでは駄目で、ユーザーにわかりやすいサイトであるということも重要です。

 

アフィリエイトサイトでいうなら、誘導性が高いコンテンツということでしょうか。

 

独自の文章で、ユーザーが求めるものにスピーディーに誘導することができるサイトは、評価が高くなるはずです。

 

 

質の高い文章を書くには、コツがあります。

 

商品やサービスを紹介するにあたってメリットを書くのは当然ですが、
同時にデメリットも書くことでより真実味が生まれるでしょう。

 

ユーザーが、より具体的に商品について思い浮かべることになり、商品への興味も高まってくるのです。

 

次のパンダアップデートでは検索順位を上げるために、サイト内の文章を更新してみませんか?

 

 

順位アップするアフィリエイトサイト

パンダアップデートが2012年7月以後に実施されてから、アフィリエイトサイトでも影響を受けているところが多くなっているようです。

 

というのも、アフィリエイトサイトには、文章や情報を他のサイトからコピーしているケースが目立つからです。

 

そのようなサイトは、真っ先にパンダアップデートのチェック対象になってしまいます。

 

そして、検索結果の順位が下がってしまう羽目になるのです。

 

 

パンダアップデートはGoogleが行っている検索アルゴリズムの更新だから、他の検索サイトで検索すれば影響が出ないはずと安心していてはいけません。

 

Googleの検索システムは、他の数多くの検索サイトに導入されています。

 

つまり、パンダアップデートで検索順位を落とされてしまったら、日本中の様々な検索サイトで表示順位が低くなってしまうということになるのです。

 

 

パンダアップデートが実施されても検索順位がアップするようなアフィリエイトサイトにするには、どうしたらよいのでしょうか。

 

それは、独自の文章を書いて商品の紹介をし、画像ばかりをたくさん掲載しないということです。

 

少なくとも、これを心がけるだけでも、表示順位は変わってくる可能性があります。

 

パンダアップデートで高評価を下されるのは、オリジナリティの高いコンテンツがあるサイトです。

 

アフィリエイトサイトとはいえ、真面目にコンテンツ作りをしているサイトには、パンダアップデートは公平な診断をしてくれるのです。

 

順位アップするアフィリエイトサイト

トップへ戻る